英会話習得外伝・初心者編┃語学のスキルを磨く学習環境の作り方

自分の日本語力を試すなら

試験を受ける

勉強

日本語教育能力検定試験は日本語学校など日本語を教える立場の方を対象にそれを教えるための日本語の知識があるかを問う試験です。この日本語教育能力検定試験は東京をはじめとする全国7都市で受験することが出来ます。 出題内容は日本社会・教育に関する知識、異国との関係、日本語の構造、教育実技などが問われ、試験時間は合計240分、点数は240点満点で行われます。誰でも取得することが出来る資格であるので、自分の日本語力を試す意味で受験するのも良いでしょう。 大学生がこの日本語教育能力検定試験を受験する場合、大学からの推薦状によって、JESS国際理解推進奨学金を受けることもできるので、この制度の利用もオススメです。

この資格を活かす

それでは、この日本語教育能力検定に合格して資格を取得するとどのようなことに生かすことが出来るのでしょうか。 日本語教育能力検定は民間資格であるので、日本語を教える立場である場合は取得しておくと良い資格です。これに加えて公的資格である日本語能力試験、民間資格である日本語検定も受けておくと更に良いでしょう。 これらの資格は多ければ多いほど日本語教師として活躍したい場合の自分のステータスとなります。また、日本語教師の求人を見てみると、これらの資格は必須であることが多いので国家資格ではないもののほぼ必ず必要である資格と言って良いでしょう。 また、日本語教室に通う生徒は日本語でしっかりコミュニケーションを取れないことも多い斧で、英語に関する知識も一緒にしっかり身につけましょう。